せどりに欠かせない  モノーレート見方と仕入基準・利益計算
せどりに欠かせない  モノーレート見方と仕入基準・利益計算
モノーレート見方と仕入基準・利益計算
 
 
モノレートとは
商品を仕入れる時、価格比較・出品者数・ランキングなどチェックできる
せどりに欠かせないツール
 
 リンク
 
 

「サイト表示」3ヶ月単位でモノレート表示

 
検索例 商品名 ダイソン AM04
 
 
 
① 商品検索バー   ---------------------------------
 
②商品画像     dyson hot+cool AM04 ファンヒーター AM04IB アイアン/サテンブルー
 
         ランキング[ホーム&キッチン]:182285
         ASIN:B00QB4TSYS | JAN:5025155011874
 
 
 
 
 

モノレート画像

 
上記のように表示されます
 
 
 
 
 

検索の仕方

 
 ① 商品検索バー   商品名・JAN コード・型番・ などを入れる
 
   
 ②商品画像や JANコード 新品価格・中古価格が表示される
 
 
 ③最安値 
 
  グリーン線 新品  
  赤線    中古
  
  最安値では新品・中古の価格が判断できる
 
 
 
  仕入れる時は、現在の最安値を基準にし 利益計算していく
 
  ここで注意すること
 
    グラフ最安値では、自己出品者数価格が表示される
 
    FBA価格が表示されないので
 
    一度Amazonに行きFBA価格を参考に仕入判断する
 
 
 
 
 

仕入判断

 
  FBA価格の  35%~50% で考え
   
  (例)Amazon販売 FBA価格  ¥5000
 
     ¥5000で出品されているので、
 
     ¥5000 ‐FBA 手数料  -納品手数料       -自分の利益    = 純利益
          約20%    運送会社で異なる    約30%       約50%
 
     
     詳細な計算はFBA料金シミュレーターで確認できる 
  
           
            
    
 
 ④出品者数
   
   新品・中古 出品者数 推移
 
   出品者数は
 
   多い → ライバル・人気商品・価格競争が起こる
 
   少ない→ ライバルは少ない・売れてない・価格競争が小
 
 
 
 
 

仕入判断

 
   多い → 多くても問題ないが      1月   ~   3月   
   少ない→ 品薄・プレミア・売れてない   新品       中古
 
 
   最低利益設定              利益15%~
                                利益30%~
 
 
   商品販売周期が早いほど、仕入資金・利益に余裕がでる
     
   
   
 ⑤ランキング   
 
   ランキングは売れるとグラフが下がる  ↗↘↗↘↗
 
   波が多いほど売れている
 
   3ヶ月単位で通常表示 3.6・12月単位で表示可能
 
 
 
 
仕入判断
 
 
                 販売期間   1ヶ月間に
 
     新品 → 14日    ~ 1ヶ月単位   最低波10 
 
     中古 → 1ヶ月単位  ~ 3ヶ月単位   最低 波4
 
 
 

仕入判断・基準

 
 
 
  • 売れる商品をリサーチして、Amazonとの価格差 約50%位を目安に
  • ランキング 1ヶ月単位   最低波10 良く売れている
  • 出品者数  少ない方がいい ライバル小
  • 利益計算し 最低約 15% 確保
  • 納品
  • 繰り返す
  • 回転率が良く、売れる商品をリスト化
 
 
 
モノレートをしっかり見極め
 
商品を安く仕入、利益計算・利益確保し適切な価格で納品する(Amazon)
 
 
単純作業なので慣れてしまえば、誰でも利益を出せるようになります。
 
 
 
 
簡単に説明してきましたが、
 
最後まで、お読み頂きありがとうございます。
 
引き続き、他のコンテンツもお楽しみ下さい。
 
おすすめの記事
今更聞けないLINEの使い方!わからなくて当たり前、皆でやれば怖くない!
0karaのSNS:Google+(グーグルプラス) YouTube(ユーチューブ) LINE(ライン) LINE@((ラインアット) facebook(フェイスブック) Twitter(ツイッター) Instagram(インスタグラム)
今更聞けないLINEの使い方!わからなくて当たり前、皆でやれば怖くない!
LINEの使い方ガイドサイト→http://linepc.jp/ LINE仲間は楽しいよ!便利で夢のツールなのです。せっかく素晴らしい時代に...