電脳せどりの仕入各サイトの攻略方法 Amazon編

電脳せどりの仕入各サイトの攻略方法 Amazon編

 

Amazonリサーチ種類

基本

 
 
商品が多いため絞り込みをする
 
 
左画面
 
カテゴリー     パソコン・周辺機器 キーボード・マウス    人気カテゴリー
          キーボード                  検索結果 約16000件
 
検索アイコン    クリック                   カテゴリー総商品を表示
 
カスタマーレビュー ★3                      レビューは多いほうが人気
                                 検索結果 1186件
 
コンディション      中古                     中古に✔予約商品を表示させない
                                 検索結果 455件
 
価格        1500~10000                  売れ筋商品価格帯
                                 検索結果 140件
 
約16000件が 絞り込みで 検索結果 140件に
 
 
ここまでは、通常だれでも検索可能
 
価格が1500~10000 1500で検索しても利益見込みが薄い
 
5000~10000
 
7000~15000
 
に絞り込む
 
 
 
検索結果 140件まで絞り込んだ状態で検索バー
 
https://www.amazon.co.jp/s/ref=nb_sb_noss?__mk_ja_JP=
%E3%82%AB%E3%82%BF%E3%82%AB%E3%83%8A&url=node%3D2151977051&field-keywords= ********
 
 
 
最後部 &low-price=5000&high-price=10000 に指定する
 
 
 
先ほどの金額
1500~10000 が  5000~10000に変更されている
 
 
 
では、7000~15000 に変更
 
 
 
&low-price=7000&high-price=15000  ******** 最後部に指定する
 
このように検索する事で、人と変わった絞り込みで差をつけ いち早く検索可能
 
 
約16000件が 絞り込みで 検索結果 140件から 117件に
 
ここからさらに、並べ替え⇒ 価格の高い順に
 
 
 
もう少し絞り込みが可能ですが、今回はこのくらいで!
 
 
 
検索結果が表示された状態で 上から順番に一つ一つ仕入基準に満たす商品をリサーチしていく
 
 
 
 
サイト横断検索結果で商品が見つからない時は多々ある、落胆せずに
 
 
商品の色違い・品番・その他関連商品=リサーチ
 
keepa・RSS登録など登録して、商品資産構築する
 
 
 
リサーチは決して無駄にはならない
 
 
リサーチスピードも商品知識も日々蓄積し資産となる
 
 
 
 
 
簡単に説明してきましたが、
 
最後まで、お読み頂きありがとうございます。
 
引き続き、他のコンテンツもお楽しみ下さい。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
おすすめの記事